玉袋の裏筋を君は見たか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ポールシフト

mabhayさんのブログより
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b


米国の全米地理学協会(ナショナル・ジオグラフィックス)のサイト(※1)で、「地球のコア、
地磁気の急速な変化(Earth's Core,Magnetic Field Changing Fast、)」と題する記事が最近掲
載されました。

 全米地理学協会は雑誌「ナショナル・ジオグラフィックス」を発行していて、英語版だけで全世
界で900万部も読まれているという世界的にも権威ある雑誌です。今回の記事の内容に関して結
論から言うと、特にアフリカなどで地磁気の極端な減少が見られ始めるようになり、しかも、急激
にそれが起こり始めたことで科学者たちは驚きの色を隠していないと言うのです。しかも、全米地
理学協会のサイトの記事によれば科学者たちは、「ポールシフト(=地磁気逆転)」が起こる可能
性すらも予測し初めているのです。
いよいよ以前から何回も記事にしていた事態が、現実化する可能性が出てきました。


 ポールシフトとは、地球のN極とS極が入れ替わることです。
物理的にはただそれだけで、際立った変化は起こらないのですが、地球のN極とS極は、太陽の
磁場がつくりだすN極とS極とに対応していると言われ、昨年太陽はすでに「ポールシフト」が
起きているという指摘もあり、今後もし地球のポールシフトが起きればそれに対応するもの
かも知れません。

 地球の地磁気が急速に弱まってきたならば、いくつかこれから起きることが想定されます。
ひとつは、地球の「自転の停止」です。米国のコンピュータサイエンス出身のグレッグ・
ブレイデン氏(ナチュラルスピリット刊「聖なるマトリックス」著者)は、「ゼロ・ポイントの
目覚め Awake of Zero Point」(日本版は未刊行)という書籍の中で、「2012年に地球の
地磁気はゼロとなり地球の自転が停止する」と予測しています。地球の地磁気がゼロになれば、
地上の生物の生存は不可能です。
なぜなら、地磁気が地球外からの有害な放射線や宇宙線をシャットアウトしていて、地磁気が
消えると同時にそれらがシャワーのように降り注ぎ始めるからです。

もうひとつは「極ジャンプ」です。「極ジャンプ」とは物理的に、南極と北極が入れ替わることです。
かりに極ジャンプが起こると、地球は壊滅的な状態になるのは間違いありません。
過去にこの地球で、「極ジャンプ」が起こった証拠がいくつか確認されています。

たとえばシベリアの凍土の中から発見されるマンモスです。発見される多くのマンモスの胃の中に
は、未消化の草類が大量に残っていたことが分かっています。しかもそれらの草類は、温暖な
地域でしか見られないものばかりでした。つまり大量のマンモスは、シベリアより温暖な地域に
生息していて、突然に「極ジャンプ」が起こり死滅したと推測されるのです。
「極ジャンプ」が起こる時には、地球は秒速300キロとか1000キロでという速さでジャンプが
起こると言われています。

(物理的にどうなのかはよく解りませんが、今回の「極ジャンプ」では、日本が赤道付近に移動する
と予言している人もいるのだとか・・・)


 昨年夏あたりから地震の震源が、地下深度600キロ辺りで起こる地震が目立つようになって
来ています。今年7月5日に発生した、カムチャッカ半島で起きたマグニチュード7.7の地震も
地下600キロが震源でした。
このような事実からも、地球のコアで何らかの異変が起こっているのは間違いないということらしい。


 さらに地磁気の減少は、人間の「脳」の働きに大いなる影響を与えるている事が最近分かって
きています。ロシアのある病院で統計をとったところ、地磁気が減少すると「自殺」が増えるという
相関関係にあることがデータから裏付けられたのです。
 また、著名なヒーラーであるドランヴァロ・メルキゼデク氏(ナチュラルスピリット刊「フラワー
・オブ・ドラム」著者)は、2012年に向かっての地磁気の減少によって人間の脳が狂い始め、
そのため経済も社会体制も崩壊すると警告しています。


 秋葉原殺傷事件など、世界的にみても不可解な事件の増加は、地磁気の減少の影響が大いに
関わっている可能性があるらしいのです。
 メルキゼデク氏は狂的な人間が増えることで経済もムチャクチャになり、ひいてはそれが
現在の社会体制の全面的な崩壊につながると著書「フラワー・オブ・ドラム」の中で解説しています。
ちなみにメルキゼデク氏は地球の磁気がゼロになった瞬間に、ヒトの脳の記憶が磁気が消去されるよう
にすべて消されるのではないかと推測しているようです。
 さらに北米、南米の代表的な先住民であるマヤ族やホピ族の長老たちと交流のあるドランヴァロ
・メルキゼデク氏は、彼ら先住民の長老たちは「2012年の極ジャンプ」を警告し始めていると
最近Conscious Media Network(※2)というインターネット有料TV番組サイトでの特別インタビューで
語ったと言う事です。


「極ジャンプ」の前段階で、コアの異変から世界中のありとあらゆる火山が噴火を始めると言われ
ますが、最近、その前兆をうかがわせるような火山の噴火が相次いでいるのが気がかりです。
また、ある霊能者の方が数年前から「地球の極移動が、世界中で話題にならない日がないくらい
になる」と警告されています。


 「アセンションする魂へ」という冊子の中で、2012年に向かっての地磁気減少ー狂人の増加ー
社会体制の崩壊という、今後起こりうる可能性のある未来予測をすでに紹介しています。
筆者は予測が現実化する只中にあるという事実に、身が引き締まるような思いでおりますとの事です。
 これからはどのような思いで、地球の「死」あるいは人類の「死」を迎えるかが一人ひとりの重大
テーマになる筈です。


いま、まさに最後の「審判の日」が確実に迫っていると言います。




スポンサーサイト
未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3~5万年前のロシア南部に「未知の人類」


現生人類やネアンデルタール人の祖先と100万年前に分かれたとみられる
未知の人類(デニソワ人)が、ロシア南部に3万~4万8000年前に生存
していたことを、ドイツのマックスプランク研究所などの国際チームが明らかにした。

 現生人類やネアンデルタール人と共存していた可能性が高いという。
25日付英科学誌ネイチャー電子版に発表する。

 研究チームは、シベリアのアルタイ山脈にあるデニソワ洞穴の旧石器時代の遺跡で
2008年に発見された小指の骨を分析。骨粉から取り出した細胞内の小器官
ミトコンドリアのDNAを解読した。現生人類などのDNAと比較したところ、
ネアンデルタール人と現生人類が分岐した約47万年前の2倍も古い約100万年前に
分かれた人類だと推定された。デニソワ人は、多様な原人がいた時代に出現した
とみられるが、形態を比較できる化石は発見されていない。

 人類はアフリカ起源で、約190万年前にアフリカを出た原人がジャワ原人や
北京原人に進化した。ネアンデルタール人などが続き、現生人類は約5万年前に
アフリカを出て勢力を拡大したと考えられている。

 国立科学博物館の馬場悠男(ひさお)名誉研究員の話「人類起源を考える上で、
興味深い成果。世界の辺境には未知の人類がもっといた可能性もある」

(2010年3月25日03時11分 読売新聞)

未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |

命知らずのキチガイたち

今日も、「黄金の金玉」の2月13日付ブログより。

           ↓
     

アメリカの没落を期に世界が混乱する⇒その解決策として世界統一政府が顔を出す。

・オバマは暗殺か引退、ヒラリーが大統領になる。
・東アジアは中国を中心として統一する。
・上海万博以降に中国は内乱になる。
・そこから三国志、魏の曹操が出てくる。
・来年2011年が東アジアの戦争の年。
以上の混乱の収束、総仕上げは再来年の2012年です。

オバマvsブッシュ&クリキントン、
それは大きなシナリオの中でアメリカの没落を演出するだけです。
過激派が崩れ、穏健派が台頭する。
しかしそういうシナリオで動いているにすぎません。かなり前から
ベルギーの獣が目覚めると言っているではないですか。
アメリカを混乱役として使う。

これからの日本をしょってたつであろう金玉団員さん達が奴らの術中にはまって、
表面的な争いに煽られてスカポンチンな行動をとらないように。
ハーメルンの笛吹きに踊らされないように。
基本を身につけて下さい。
基本を身につければ変幻自在の応用技を出せるようになります。

表面的な争いにとらわれないで下さい。

未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やらせはせん やらせはせん

ブログ作成したにも関わらず長い期間、放置してましたが、
世の中の時間の加速度が、いよいよ増してきたのを感じ、
私も何か役に立てることがあればと再開することにしました。
とは言え、自分の浅薄な知識と情報網では微力すぎるので、
感銘を受けたり驚いたりしたブログ記事の紹介がメインです。

今日は、私が1年ほど前から愛読させてもらっているブログ、
黄金の金玉を知らないか?」の、
ふぐり玉蔵師匠の紹介です。ふんどし一丁の、キチガイおやじです。
言ってることも、一見浮世離れしているようですが、一読の
価値、大いにありです、絶対。私も彼のブログを拝読するときには、
パンツ一丁で読むように心掛けております。
師匠の展開する情報を拡散すべく、昨年末あたりの彼の記事の
なかから、その並々ならぬ決意がうかがえるところを
抜粋して(失礼)、転載いたします。

         ↓

「来年から2012年までの3年間。
資本主義もぶっ潰れる。何を支えに生きていけば良いか
右往左往する人も出てくるでしょう。
奴らの攻撃も苛烈を極めてくる。
そういう中で協力して情報発信を担ってくれる方を募集したいのです。
ワタス一人では限界がある。
奴らの好き勝手にやらせはせん!

いったい奴らと戦うにはどうしたら良いでしょうか。
最近は何か書くたびに罵詈雑言を頂くようになりますた。
集中攻撃を浴びてしまうのです。

詐欺師が支配する世の中。
新しい通貨(腐る通貨)を世に広めて、このインチキ世界をぶっ壊す。
人間一人がが人生をかけて取り組むのにこんなにすごい題材があるでしょうか。
ワタスの生きているうちにこのキチガイ世界を何としても変えたい。
新しい世界を見てみたい。ワタスの夢です。
ワタスなどキチガイと言われようが何だろうが構わないのです。」

テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:

未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2012年までの間に

 これからの5年間に起ころうとしていること。
 
 アメリカ経済の崩壊、ドル暴落。中国の台頭。
 国際資本主義者の謀略。WNOの展開と方法。
 そのほか、フリーメーソン、ユダヤ、ポールシフト、
 フォトンベルト、2012年危機説などについて、
 徒然と記していきます。
 

テーマ:妄想が…はびこる!! - ジャンル:サブカル

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking